乾燥肌を防ぐにはどうしたらいい?原因にアプローチする方法

乾燥肌を防ぐにはどうしたらいい?

肌トラブル

若いころは皮脂が多くて困っていた方も、ある程度年齢を重ねてくるとだんだん乾燥肌に悩むようになってきます。

なんとなく肌が乾燥しているからたっぷり化粧水を塗って保湿しておけばいいと思いがちですが、そんなことをしても改善することはありません。

私も保湿が足りないと思って、小さいボトルに詰め替えてこまめに顔に吹きかけたりしていましたが、乾燥しやすいままでした。

乾燥肌を改善するためにはどうしたらいいのかわからずに、私のように思い付きで対処をしている方が多いと思いますが、必要なのは原因をしっかりと理解して正しい対策をすることです。

簡単に言うと、うるおいを与えるだけでなく逃がさないようにすることが大切なのです。

そのためにも、顔の乾燥肌の原因はどんなことなのか、スキンケアはどうしたらいいのか、といったことをできるだけわかりやすく説明したいと思います。

保湿だけじゃ改善しない乾燥肌対策コスメをお得にためす


乾燥肌の根本的な原因

説明

乾燥肌をどうにかしたいと思っている方のよくある勘違いとして

  • 保湿が足りない
  • 化粧水が浸透しない

といったものがあります。

でも、化粧水はもともと肌の表面にある角質層と言われる部分を通過することができません

だから、いくら水分を肌に染み込ませようと思っても不可能なのです。

大切なのは乾燥肌の根本的な原因は

水分を逃がしやすい肌になってしまっていること

にあります。

そのため、ただ潤いを肌の上に「乗せる」のではなく、肌が本来持っている潤いを保持するための機能を元に戻してあげることが重要なのです。

肌の潤い保持を徹底サポート


潤いが逃げやすくなっている理由

乾燥肌

乾燥肌の根本的な原因は、肌が本来持っている潤い保持機能が低下してしまっていることでした。

では、どうしてうるおいを逃がしやすくなってしまうのでしょうか?

実はここに対策する上で重要なポイントが隠されています。

簡単に言うと

皮膚細胞の隙間を埋めている油分が不足しているから

です。

皮膚というのはレンガのように規則正しく並んだ構造をしているのですが、細胞1つ1つには隙間が空いています。

レンガはセメントでくっつけて隙間を埋めていますが、このセメントのような役割をして肌の細胞間を埋めてうるおいを閉じ込めておく働きをするのがセラミドと呼ばれる成分なのです。

洗いすぎや過剰なケアによって失われてしまったり、加齢や睡眠不足によって減少したりすると、皮膚の細胞同士の隙間が空いてうるおいが逃げやすくなってしまうというわけなのです。

全く新しい発想から生まれたセラミドケア


乾燥肌の原因にアプローチする具体的な対策

スキンケア

ここまで読んでいただければ、肌が乾燥するのは皮膚の細胞の隙間を埋めているセラミドが減少しているからだ、とわかっていただけたと思うので対策としてやるべきことはわかりますね。

そう、セラミドを補給してあげることなのです。

化粧水をたっぷりと塗ればいいと思っていた方に足りなかったのは、水分ではなくセラミドという油分で皮膚の隙間を埋めてあげることだったのです。

そうすることで肌が本来持っている潤いが逃げにくくなって、保湿をしたのにすぐにカサカサになるといったことを予防することができるのです。

もしも化粧水をたっぷり塗っているのに乾燥肌が改善しなくてどうしたらいいのかわからないという方は、セラミドを配合した美容液などを普段のスキンケアに取り入れてみてください。

↓↓セラミドでうるおい保持機能をサポート↓↓

↑ PAGE TOP